1粒350円以上のチョコレート

12月、羽田に新しいターミナルができました、と以前にもお話しましたね。
そこですごい高価なチョコレートが売っている!とウワサに聞き、お父さんが東京出張のついでに買ってきてもらいました。
第2ターミナルの出発ロビーへ通じるエスカレーターを降りたとこすぐにあります。
MARIEBELLE NEW YORKというブランドだそうです。
なんと9粒で3000円以上!
おそろしい!
チョコレートに3000円なんて使ったことないし!

それじゃあ実物はどんなもんかと見ようとするけど、たどり着くのに長いこと長いこと。
紙袋はまあお上品で、スカイブルーの正方形の箱がまたお上品。
マルーンのリボンをそっとほどき、箱を開けると・・・・
まだかよ!
上に乗せてあった紙を広げ、説明書(?)を取ると
やっとごたーいめーん!

なにこれ?チョコレートに絵が描いてあるぞ?
食べれんのこれ?(※食べれます)
お父さんによるとチョコレートは何種類もあって、組み合わせは自由に選べるらしいです。
それで買ってきたのが3種類×3。
なになに、説明書によると絵で味が分かるとな。
まず黄色地に女の人の絵があいてあるやつはEspresso(エスプレッソ)

『少し苦味を残したこくのあるエスプレッソガナッシュは、大人の味です。』
ふむふむ。私も二十歳だしね。大人大人。
次にイギリス国旗の一部みたいなのがWhite citron(レモン)。
『絞りたてのレモンに、こくのあるクリームと、ホワイトチョコレートを合わせ、ウォッカですっきりさせた、初恋の味。』
レモンが初恋ってのは分かるけど、ウォッカ??杉田かおるみたいな人生やね(笑)
そんでもってピーコックグリーンの地に両手を広げた姿を横から表した絵のやつはWhite Chocolate Cona Bean(ホワイトチョコレートコナビーン)。
『コナコーヒーでおなじみのコナビーンをホワイトチョコレートと合わせました。』
そのまんまやないかい!

肝心の味はというと、余計なものが入ってない!純度高いよ!
でもなんかトローリとろけるイメージがあったので、全然違っててちょっとガックリ(^^;)
3種類の中で一番おいしいと感じたのがレモンかな~味がはっきりしてた。
エスプレッソとホワイト~は味にキレを出してほしい。
結果、一粒350円の価値はあるかというと、ない
[PR]

by jasricht | 2005-01-08 14:04 | 食べ物  

<< 成人式当日 レポートが全然進みましぇん >>