<   2006年 07月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

リアル地図

これ、うちの実家




すーげー!
Googleの衛星(サテライト)でできるんですけど、家単位の細かいところまで映し出せるってのがすごいですよね^^
検索すればすぐ出てきます。
近づけたり遠ざけたりでもできるんで、みなさんもやってみてください!


ついでに各チームの体育館でも。
サント    JT  松下    東レ  合成
※左の方に「一致する検索結果が出ませんでした」と出ますが、きちんと表示されています
[PR]

by jasricht | 2006-07-31 12:48 | 自分  

足下にも及んでないとしても

マッチレポに
Takahiro Yamamotoの文字が!!!
うっひょー!テンション上がった!

まー冷静に分析してみれば最多得点もライトとしての仕事は最低限果たしたってことでアメリカ側に最近の隆弘さんのデータがなく序盤はすんなりいったっとしても時間を経るごとにあのマッカーチョンの得意のデータ分析でつかまることもしばしば(それから出る戦略通りに動ける選手もすごいと思うが)決定率も悪くはないけど良くはなくおそらくシャットも複数回されたでも決めるところは決めたいや決めれるところは決めたと推測するとまだまだ修正するところはあるし今はまだまだ修正できる段階にあるんじゃないでしょーか

マッカーチョン監督ってニュージーランド人なんですね。
アメリカ人だと去年からずーっとおもいこんでた。

でも1セット取ったじゃん!
進歩進歩♪
アメリカの気が緩んで取れたとしても1セットは1セットじゃーい!
ガツンが効いたかこのヤロー!東廻り航路じゃー(笑)!

でもさ正直アメリカと対戦したのがこのWLで良かったと思うんだよねーやっぱり今年の最大イベントは世界バレーなわけでその前に自分たちのレベルを世界基準で見られたってのはWL最大の収穫ーアジアで勝っても世界に勝たなければオリンピックに行けやしないーってこれ何回言ってんだかー他人事のようだけど私にとってはもはや他人事じゃないんだー
[PR]

by jasricht | 2006-07-31 12:02 | スポーツ  

夏 海 月

きみのみを
なしとおもふに
夜月や

潮満つるらむ
映える濡れ手ぞ




平安時代に描かれた新古今和歌集の中の一句です。
これから夏本番ということで、夏ピッタリの句を見つけました。

作者は海に来ており、昔恋人と海でデートしたことを輝く月を見てを思い出す。
しかし恋人はもう作者の隣にはいず、今どのように暮らしているか想いを馳せる。
潮が満ちるように涙が溢れ、涙を拭った手に月明かりが眩しく光る。


いやー、未練タラタラ。
切ない。
夜の海っていうのは、昼のにぎやかさとは違ってどこかさみしー感じがしますねぇ。
日も沈んで一日がもうすぐ終わる、終わる、でも終わりたくない、まだ終わらせたくない、ってな夏特有のエネルギーな感じが逆に切ない。セミの一生がすごい短いと知ったときみたいに。
いやー、でも夜海で見る月はハンパなく綺麗なんすよ。もうね、そこには人間なんていないんすよ。でも自分を照らしてくれてるんすよ。一気に幻想的になってグッときます。カップルにオススメ。




すいません句は嘘です。
平安時代とか解説とか全部嘘。チョーテキトー(笑)
[PR]

by jasricht | 2006-07-28 23:45 | スポーツ  

目にうつる全てのことがメッセージ

やさしさに包まれたなら。

結構前の僕らの音楽で、YUIちゃんが見事に自分色に染めて歌いきっていたのに感動して、魔女宅まで完全制覇してしまった。
完全制覇というか、どこで流れるんだろうと楽しみにしていたら・・・エンドロール。最後かよ!

アメリカ戦も、あれは一つのメッセージなんだと思います。
バケツの水をバッシャーーって何リットルもかけられた感じですけど、それで少し冷静になれた。思わぬ相手に勝てたことに舞い上がっていた。自分も。だからちょうどよかった。

世界バレーのスペシャルサポーターが決まりましたね。
WaT当たっちゃったー☆たはー☆
って浮かれてばっかいられないんですってば。

世界バレーが一つの商売で、商売の目的が試合の観客動員数と視聴率を上げることだとすれば、この案はいい。
だって確実にバレーに振り向かなかった人が振り向くようになるんですもん。
関心を持ってくれて何らかのアクションを起こしてくれることは確実。

しかし、スポーツはお祭りじゃない。
商売と言いきれるほど利益を追求したものでもない。
ただ単に一時的に盛り上げればいいってもんじゃない。
スポーツは文化だ。生活だ。人々に溶け込んだものにしなければいけない。

メディアは、有名人を使い「日本は強い」と思わせる、いや思いこませることしか頭にないような印象を受ける。強くないものもあるのに。
確かに強くない日本にも分があると思うが、強いかのような虚像を作り上げるメディアにはもっと責任がある。
期待を持たせるだけ持たせといて、結果が出なかったら「はい、さよならー、次頑張ってねー、期待してますー」。
これじゃあ地上5mで落とすようなものを、10mに引き上げて落とすようなものだ。

・・・おかしくないか?
事実を伝えるのがメディアなら、真実もきちんと伝えてほしい。
現実離れしたものが多すぎる。
考えが短絡的すぎる。
対応がその場しのぎになりすぎている。
そしてスポーツがメディアに取り上げてもらう本来の目的からかけ離れすぎている。

黒鷲の閉会式だったかどこかで聞いた、協会のお偉いさんの挨拶の中でこういう言葉が出た。
「バレーボールをブームにして盛り上げていかなかればなりません」
これには呆れて言葉がなかった。
スポーツはモノでもヒトでもない。ブームになんかしてしまってどうすんだ!
考えが一番短絡的すぎるのは大元である協会だった。

「目にうつる全てのことがメッセージ」なのだから、事実を伝えてほしい。
飾りは少しばかり必要でも、大筋から離れないでほしい。
今のバレー界のメディア対応を見ていると、年に1度しか参加しないダンスパーティーに気負いすぎて、ドレスやネックレスがきつすぎたり重すぎたり自分に合わないもので、それに気を取られてパーティー本番ではダンスをうまく踊れずに毎年笑いものにされる女性を見ているようだ。




あーーーーあったまかってーな自分。
最近カタカタの文しか書いてない気がスルーけどもう夏休みー今年で学生最後の夏休みだけど何するーとりあえず4日に六本木出没計画は決定ーお昼頃にはヒルズ潜入決定ー名古屋行きたいけど行くとこがないー誰か観光名所名古屋城以外で教えてー東京とか大阪とかにないようなとこーディズニーシーは10月に入ってからー
[PR]

by jasricht | 2006-07-25 17:56 | スポーツ  

浮輪

結果は厳しいが内容は決して悪くない、という言葉を今まで度々耳にしてきたが、このアメリカ2連戦を終えて言えるのはこうだ。
結果も厳しいが、内容はそれ以上に厳しい。

チームが変わったのではない。
相手が変わったのだ。
試合を終えてそんな当たり前のことを痛感した。

今週末のアメリカ戦を迎えるにあたって、二つの考えが思い浮かんだ。
1,グラチャンでもしかしたら勝てたかもしれないアメリカだから、WLではその借りを返すように今の勢いでいけば勝つかもしれないという日本サイドの考え。
2,先週ホームでボロクソに負けて、決勝トーナメントに進むためにはこの2試合は必ず勝たなければいけないアメリカサイドの考え。

答えは後者になった。
世界という現実を目の当たりにして、私は少し鳥肌が立った。
世界はなんて進んでいるんだろうという驚嘆と、日本はなんて遅れているんだろうという落胆。
サーブ、レセプション、スパイク、ブロック、ディグ。
何もかもが違い過ぎる。
通じるものが全く通じない。
日本のプレーひとつひとつがことごとく打ちのめされ、冷たい滝に打たれるときの己を知れと言い聞かせられんばかりに試合が進んでいった感じを受ける。
大変失礼だが、もしかしたらこのアメリカが植田監督の理想としているチームなのではないかとさえ思う。
1も2も3も通じないなら、ブロックフォローやワンタッチ後の4本目をしっかりしなければいけない。
それを逆にアメリカにやらせてしまったから試合に競り合えなかった。

苦しくても次は必ずやってくる。
「僕たちがやってきたことは間違いではない」
そうだ。
そう信じたい。信じていきたい。
今だからこそ心から頑張れ!
[PR]

by jasricht | 2006-07-23 19:18 | スポーツ  

Message from SkyMail

世界バレーをサラーっと見たんすけど、ビックサプライズの謎の男って・・・
WaTじゃないよね?
[PR]

by jasricht | 2006-07-22 00:24 | スポーツ  

よいよいよいよい

大人の万引きってみっともないよなぁ。

先週の日曜になにやら3階のエスカレーター前で女性1名と警備員2名がやりあってて、尋常じゃないほどに女性が顔を真っ赤にして叫んでたんです。

  「私じゃない!!私やってない!!」

興奮した女性を目の前に警備員は冷静に対処して「話は部屋で聞きますから」とエスカレーターで降りるように指示。
でも女性は大声で抵抗し、その場から逃げようとするけどもう一人の警備員に行く手を塞がれる。
「私やってないのになんでこんなことされなくちゃいけないの!!」と怒りの声が響く中、そこを通り過ぎる人たちもこの異常な雰囲気を読んでジロジロと注目。

女性が手に持っていた100円ショップの袋を警備員が指して「ここにあなた、入れたでしょ」と言うと、女性は図星の表情をしながらも「・・・違う!違う!」と必死に抵抗。
「こんなところじゃあれだから、降りて(部屋で話そう)」と言われるけれど、まだ降りようとしない。15分ぐらいそんなやり取りが続いて、ようやく女性は警備員に連れられてエスカレーターを降りていった。



・・・これは完璧やってるでしょ。
女性は30代で、どこからどう見ても大人。
しかも盗んだ現場が100円ショップってことは、100円の値打ちしかない。
確かにあそこの100円ショップは店員も少なく敷地も広いし、私も「これは万引きしても見つからないんじゃないか?」と一瞬考えます。
でもさ、「100円なんかで自分の人生に傷つきたくねーなー」と思うでしょ?

中学のときにクラスの男子がシャーシンを万引きして、自慢する。
高校のときに友達が百貨店で何万もする財布を万引きして、自慢する。
その度に私は「なにやってんだか・・・」と本人を目の前にして呆れ返りました。

値段の問題なんかじゃないんですが、大の大人が、子供じゃないんだから、自分で稼いでるのに、稼げるのに、万引きなんかして、警察にご厄介になるのは、あまりにも馬鹿馬鹿しくて笑っちゃう。
スリルがほしいならええじゃないかに乗って来い。

ま、ここまで考えたら「なぜ万引きしてはいけない社会なのか?」になるんですが、深過ぎるのでやめとこ。理にかなわんとこがあるってことで。






世界バレー久しぶりに見たー!女子の伸ばし伸ばしのなんとかテストばっかだったから、男子特集でうれしいっちゃうれしかったんだけど、なんかさ、あれさ、進んでけば進んでくほど主旨からズレてってるよね?
今回の合宿特集もほとんどトレセンだったし、本当はトレセンで基礎トレすごいのやってんぞー堺の合宿で仕上がりいい感じーWL楽しみだーWL見事な勝利ー!ズドーン!って一連の流れがあると思いきや、すっかり端折られてるし(苦笑)

それにゴッツばっか力入れすぎ。
全員は無理とは思うけど、人的集中しすぎ。見てる方が「またか・・」ってなるんだけど。
そっちの都合ばっかで見てらんないんすよ。飽きてくるんすよ。
全日本特集ならさ、他のメンバーも一言ずつとかでいいんで構成工夫してくださいよ。
ツマさんの前髪下ろしバージョンももっと見たいんすよ(笑)
TBSにアドバイスしてぇ~!!
[PR]

by jasricht | 2006-07-21 15:27 | その他  

うまいこと言うなぁ

とWLのプレスリリースを見て感心しました。

Japan's volleyball sons are rising

写真はゴッツと越川くんの二人のもので、世界も日本のこの二人に注目しているってことでしょうが、私が注目したのがこの中の文章。
「In the Land of the Rising Sun, the volleyball sons are shining again.」







すげー!神業!

sunとson、risingとshiningがかけてあるんですよ!
んでもってsunがshiningに、sonがrisingに対応しているんですよ!(言わなくても分かる)
これ書いた人に会いたい!絶賛!興奮!

日本人記者が書いたのかな?
日本語では「日出づる国が、バレーの新星の登場で再び輝きはじめた」と私が勝手にかーなーりー意訳してしまいましたが、そういうことを言いたいんだと思います。
これは外国人じゃあ思いつかない、日本の歴史を学んだ人しか思いつかない文章でしょうなぁ。
この記事自体が日本べた褒めだし、しかもゴッツの由来まで書いてある!はっはっは(笑)!




話は変わって。
火曜日夜10時。
特に何も見るもんねーなーとテレビのチャンネルをいろいろいじっていたらリンカーン。
リンカーンラジオという企画がやってて、泣ける話ばっかだった。4つ全部泣いた。
一人で見てたから、家族の話になるとどうも涙もろくなる。

涙なんか流さない流すはずない仮面をかぶって、夏休みまであと少し。
[PR]

by jasricht | 2006-07-20 12:56 | スポーツ  

なかなかよかったんでないの?

うっわ、さっきまで書いてた記事が全部消・え・た!
すんごいヘコムーヘコムーヘコムー・・・ってそろそろ起き上がりますか。

先週の土曜日、花火見に行ってきました。みなとみらいでやってたやつ。

花火は花だ!

ものっすごいきれいできれいでね!
花が咲き乱れる美しさと、その後の降り散る儚さがなんともきれいなんすよ!
大きいのがドーン!も好きですが、「いつ咲くんだろういつ咲くんだろう」と気まぐれにじらした花火も好きです。

高杉さん結婚おめでとー!
いやー、好きな選手が幸せになるっていいね!
いい夫になりそうだし、いいパパにもなりそう~
サインもらうときは『新婚』って書いてもらおか(笑)
どうぞ末永くお幸せにー!笑顔はそのままでー(笑)



んでWLなわけですが。
勝てるわけねーべー?(藤沢方面)と思って見てたら、おいおい1セット取っちまったよ、おいおい2セットも取っちまったよ、おいおいこのままいくとスト勝ちになっちゃうけど編集なしで大丈夫かいTBSさん?なんて余計な心配をしておったら・・・スト勝ちかよ!セルモン相手にスト勝ちかよ!本当に?夢じゃないよね?セルモンってどんなチームかは知らないけど強いとこだよね?勝っちゃったよ!やったー!

こういう裏切りは全然いいね。

2戦目は少し違ったものになってくるぞ、と警戒していたらやっぱりそうでしたねーでもセルモンの監督が「前日のことは全く触れずに今日の試合前は選手にいつも通りの練習をさせた」って、「because the ploblem was psycolosycal」だってー!かっこいいー!選手が一番分かってるってことを監督が一番分かってるんですねー!かっこよーすーぎー!

日本も決して悪くはなかった、てかよかった!どうしても攻撃陣に目がいってしまいがちになりますが、アベチャンノ高サハカナリ効果的ダヨネー ミスターツマガリノスプレンディッドレシーブモ随所に見ラレテ日本ノ攻撃ニ寄与シテイタヨネー ノブサンノ声ガ画カラハズレテテモ聞コエルホドチームノ原動力ニナッテイタヨネー気合ダー

でもさ、問題も大ありなわけ。
私があの試合を見たら必ずK氏のインナーとG氏の遠めストレートとT氏の時間差は癖があるのでチェックします。
それをかわすためにもセンター陣の使い方!
阿部ちゃんはこの2戦とてもよく相手を振っていて素晴らしい活躍をしてたので期待ビームをピンポイントで送っとけ~
加えてK氏のブロックの抜き方!
どうしても捕まってしまうのには理由はいくつもあるけれど、そのひとつにパワーがないのでは?と思ってみたりする。相手ブロック・相手コートを見る冷静さと、それをかわす技術はあるんだけど、いざ勝負!となった時にどうしてもシャットされてしまう場面がいくつもあった。そしてこれからもいくつも出てくる場面だと思う。
もっと高ければいいんだけど、それはどうしても急には解決できない難題。
なので、どう対応していくのかな~?と個人的に楽しみでもあるので、急にじゃなくていいんで徐々に体で覚えていってほしいです。
あとはね、これは日本人の特性だと思うんですけど、競り合いはうまいことついていけてできるんだけど、それから離しにかかるとリードしきれない。リードしててもなぜか追いつかれてしまう。
マラソンでいうとゴールを目指して走っているんじゃなくて、追走してきている後ろを気にして何度も振り返ってしまう。
だけど1試合目の1セット目だけは風が違っていて、リードしすぎてマッチポイントを迎えセットを取った気になっていた。
国際大会になると国民性がモロに出るので、日本は突き放す強さと非情さを持ち合わせなければならんね。


以前、K氏(もう隠さんでいい)に「本当の身長はどれくらいなん?」と聞いたことがあったんですよ。
プロフィールとかでは190cmになってるんですけど、噂(?)ではそんなにないらしいと耳にしていて、加えて指令も在ったのでトレセンで本人に直接。
そしたら彼は何のためらいもなく「ひゃくはちじゅーきゅー。」と答えました。

「なんでサバ読んでんの?」
 「デカイ方がいいやろ」
「はあ・・・」

「なるほど。」なんて思わなかったんです私は。今でも思っていません。
そのー、サバを読むことが嫌なわけじゃなくて、ひゃくきゅーじゅーが活躍してるより、ひゃくはちじゅーきゅーがコートで活躍してるほうがかっこよくないですか?
んー、かっこいいって言葉にすべての意味が詰まっているのではないですが、あいつすげーな→でもそんな大きくない感じなんだけど→189!?190いってなくてあんだけ活躍してんの!?→すげー・・本当すげー・・・

ま、「身長の低い人に夢を与えられる」なんて大層なことは言いませんし、1cmで何かが変わるのかといえば何も変わらないと思いますが、バレーでは身長はひとつのハンデであるけれど、それを感じさせないプレーをすることがとても凄いことなんじゃないかと思うわけです。

まだこのことは彼には言ってません。
ここも見てないと思います。(てか見るな)
いつかこのことを言える時が来たら、言おうと思います。言・え・ねー!
[PR]

by jasricht | 2006-07-19 15:50 | スポーツ  

なんじゃこりゃあ

冷静に考えてみればチームが機能していたかしていなかったかの違いだったんだけど。
千葉さんの存在がチームの緩和剤になっていてすごいなぁと感じたんだけど。




どうする?

セルモンに勝っちゃったけど、

どうする(@_@)?




明日こそ気ぃ引き締めていけよっ
[PR]

by jasricht | 2006-07-15 21:07 | スポーツ